よくある質問

どんなときに診療すればいいですか?
ペインクリニックで扱う疾患とは次のようなものです。

頭痛、顔面痛、肩こり、腕・手の痛み、胴体の痛み、腰痛、膝痛、足の痛み、手術や外傷の後に長く続く痛み、帯状疱疹(ヘルペス)の痛み、帯状疱疹が治った後の痛み、がんの痛み、バージャー病などの血管疾患に伴う痛みなどです。

また痛み以外では、顔面神経痛、顔面痙攣、眼瞼痙攣、手の多汗症なども、ペインクリニックで治療を行います。
どういう治療をするのでしょう?
当クリニックにおける治療方針としましては、痛み止めの薬(消炎鎮痛剤)で緩和されない痛みに対して、種々のブロック治療を主体に行っています。
患者様によっては内服、点滴治療も行っていきます。
ペインクリニックの特徴的な治療としましては、

・ブロック療法および薬物療法による疼痛疾患の治療
・漢方薬、鍼、低周波治療などの東洋医学的治療

などがあります。
麻酔科とは?
麻酔は非常に専門性の高い技術であり、一歩間違えれば生死に直結する技術です。
ですので、厚生労働省で認められた者しか「麻酔科」という看板を掲げることができません。
さかいペインクリニックでは、大学病院で長年培った経験や技術を元に治療をしていきますので安心です。
神経ブロックとは?
詳しくは別ページでも解説していますが、痛みの原因の神経だけに、局所麻酔薬(傷を縫うときや、歯を抜くときに使う麻酔薬)と、少量の抗炎症剤(炎症や腫れをひかせる薬)を注射する方法です。
局所麻酔薬の効果で、一時的に痛みが麻痺されますが、効果はそれだけではありません。
痛みの場所の血液の流れが良くなり、また、その場所の凝り固まった筋肉の緊張がゆるみます。
痛みの場所にたまっている痛みの原因物資が、血液の循環で洗い流され、痛みや腫れがひいていきます。