リハビリセンター

リハビリテーション科

 さかいペインクリニックでは、疼痛部位や傷害を受けた身体の運動機能を最大限まで回復すべく、個別の状態に応じ、医師の指導のもと、理学療法を中心に“マンツーマン”のリハビリテーションを行っています。 運動機能に関わる症状を主に対象といたします。痛み以外にも、手術後のリハビリやスポーツ障害へのリハビリなども行っています。

【対象となる主な疾患】
 ・首が痛い、首が動きにくい→頚椎椎間板症、頚椎症、頚椎捻挫、頚椎椎間板ヘルニアなど
 ・
肩が痛い→肩関節周囲炎(五十肩)、腱板損傷、野球肩など
 ・
肘が痛い→上腕骨外側・内側上顆炎、テニス肘など
 ・
手が痛い・手首が痛い→腱鞘炎、手関節炎など
 ・
手がしびれる→頚椎症性神経根症、手根管症候群など
 ・
腰が痛い→腰椎椎間板症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症など
 ・
足が痛い→足関節捻挫、足底筋膜炎、偏平足、外反母趾など
 ・
膝が痛い→変形性膝関節症、靭帯損傷、半月板損傷、オスグッド病など
 ・
股関節が痛い→変形性股関節症、股関節炎など
 ・
足がしびれる→腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症など
 ・
外傷やスポーツ障害→骨折、肉離れ、捻挫、靱帯損傷など
 ・
整形外科手術後→人工関節術後、骨折後の固定術など

 これらの疾患・症状に対して、医師の診断に基づいて理学療法士が評価を行い、患者様に合ったリハビリテーションプログラムを作成し、障害部位および全身バランスの乱れに対し治療を行っていきます。
 上記の疾患の他にも気になる症状がございましたら、お気軽にご相談ください。

【主な治療内容】
「運動療法」
 筋力や柔軟性・バランス能力の向上などを目的に、体の全部あるいは一部を動かし、症状の軽減や機能の回復を目指して行います。運動療法は患者様ご自身の自然治癒力を増進させる方法であり、とても効果的です。
「物理療法」
 低周波療法・温熱療法・超音波療法・牽引療法・寒冷療法などがあり、物理的刺激を加えることによる体の治療です。鎮痛や消炎作用・血行促進・神経の促通などを目的に行います。

【スタッフ】
 理学療法士10名・作業療法士1名が在籍しています。(平成30年1月現在)

リハビリセンタースタッフ

訪問リハビリテーション

 訪問リハビリテーションは、理学療法士・作業療法士が利用者様のご家庭に直接訪問いたします。利用者様が日常生活を過ごされている環境の中で、何ができて何ができないかを評価しながらリハビリを行います。

その1.日常過ごされている環境でのリハビリ
 訪問リハビリではお家の中という実際に過ごされている環境の中でリハビリを行います。生活空 間の中で少しでも利用者様の力で、できることを増やしていくことが利用者様にとってもご家族 の方にとっても重要です。

その2.利用者様の身体能力に合わせた住環境を整備
 訪問リハビリでは自宅でのリハビリ訓練だけではなく、日常を過ごされている生活空間を、 リハビリの専門家の目で確認し、改善を図ります。

その3.ご家族の方の不安や悩みを解消
 訪問リハビリでは、ご本人はもちろん、一緒に生活しているご家族の方のご相談をお受けし ています。ご家族の方が抱いている不安や、少しでも楽な介助の方法はないかなど、どのよ うなことでも構いません。

 私たち訪問リハビリスタッフが少しでも利用者様・そのご家族の方々が、よりよい生活を送 ることができ、不安や負担を軽減できるようお手伝いさせていただきますので、どうぞお気 軽にご相談下さい。

訪問リハビリ申請の流れ

短時間型通所リハビリテーション

 介護認定を受けた方及びその見込みの方向けに短時間型通所リハビリテーションを行うリハビリセンターを併設しています。理学療法士が質の高い“マンツーマン”のリハビリを提供します。

<1〜2時間の短時間型通所リハビリテーションの特徴>
 (1)病院での外来リハビリと同じような感覚でリハビリができます。
 (2)個別リハビリテーションに特化した通所リハビリテーションです。
 (3)理学療法士等により質の高い個別リハビリや、「パワーリハビリテーション」を提供します。

 詳しくは電話でお問い合わせください。